2004年11月03日

定時制の銀杏祭と中央大学の白門祭

image/michitomo-2004-11-04T09:49:29-1.jpg
同じ学校でちょっと時間が違うだけなのに全然知らないのも何だか悲しいので、定時制の銀杏祭という文化祭に行ってきました。
ほとんどのクラスは食品で参加していたようですが、残念ながら着いたのが遅かったので売り切ればっかり。200円のお雑煮を一杯買って、雰囲気を見て帰ってきました。せっかくなら有機野菜を売っていたらしい生徒会役員の雰囲気も見たかった…もっと早く行けって話ですね。関係者の方がいたらTBやコメントしてくれると嬉しいです。

銀杏祭の後は中央大学理工学部の白門祭。親に面白いって言われていってみたけど、あんまり面白くない…。こっちも研究室のメインは31日だったみたいです。
中を歩いてるとたまに計算機たちの電源がいれたままになっている実習室があって、一面Redhatが入っていたみたいです。(遠くからGDMで確認)前はBSDだった気がするので、時代の変化が…。
学生たちが展示に使っている計算機はWindowsが多い上、「UNIXとか、ぜんぜんわかんない」という話声も聞きました。UNIX系OSがあるって事が分かってるだけ良いのかも知れないですが、理系研究者が主にWindowsしか使わなくなるのは少し怖い気がします。


Michitomo - 2004年11月03日 17時30分 | 東京 ☀ | コメント0匹 | トラックバック0羽 | 高校生の日記
この記事は | | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。