2005年09月28日

ひさしぶりの投稿は

 WILLCOMの新機種です。個人的にはFlash > JAVAのような気がするので、やっぱりWX310Kがよさげ。memn0ckさんによると、「今回のシリーズがautumn/winter modelなので次は(ry」とのことで、帰るまでにもっとすごいのが出てるといいんだけど。



 ところでかな漢、310KだけがAdvanced Wnn Ver 2.0になってて他のは従来バージョンなのはなんでなんでしょう?開発開始時期の問題とかがあるんでしょうかね。
 フィンランドのケータイはT9が主流なようで、英語に比べてスペースとスペースの間が長い言葉なので、9個しかないキーにもかかわらず、1文字1ストロークでほとんどの文が入力できるのは日本語版T9で体感できない心地よさ。でも日本語には予測変換の方が向いているような気がします。


 日本語の予測変換の場合、書き出しだけでそれまでに書いた文や受信メールから分析して続きを候補に出してくれるわけで、全部を自分で作文しているとはいえない状態になってきています。ギャル文字を使う理由が「入力に時間がかかるから感情が伝わる」といっていた人がいたことを考えると、わざと予測変換のきかない文を打つ研究の成果でもあるようです。


 GSMのSMSは通信料が通話と同じ扱い。日本は数年前から1円程度で、今は0円も珍しくないことを考えると、予測変換はメール文の妥協点を作り上げた仕組みのように思います。


Michitomo - 2005年09月28日 6時34分 | コメント0匹 | トラックバック0羽 | TB・Web・感想
この記事は | | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。