2005年08月11日

今更ながら制服問題

 去年私が制服問題をもの凄く嫌がっていた理由はいろいろありました。その中に個人的なので一つ言ってなかったものがあるので、それを今更ながら書いておこうと思います。


 2年前文京区の中学校から上野高校に入学したときに驚いたことの一つに、男がやたら男同士だけで固まって「女の子、女の子」と言っていたことがありました。
 地域的な差も大きいとは思うのですが、中学校に制服はあったものの、男女の差をあまり気にすることはなかったように思います。(ただ制服を着て学校に行けば良いだけで、自分だけ意識してなかったのかもしれませんが。)ちなみに、小学校は呼び名も両方「さん」で極端にジェンダーフリーが叫ばれていた所なので全く男女差は意識しませんでした。
 やはり高校に入って初めて自分が男女の違いに気づいたと言うのが正しいと思います。


 高校という場での制服導入は男女の違いを大きく分けすぎてしまうように思います。
私は自分を「男」として見られることは嫌いです(参考 でも合唱は仕方がないw)。GIDだとか、あんまり深い話をするつもりはないのでこの辺で置いておきますが。。。
 制服があると、人の印象が見た目「男」であるか「女」であるかがとても大きくなってしまいます。
 極端なジェンダーフリーの観点から「男女区別をなくす」ということを聞きますが、私はジェンダーインディペンデントで個を活かしたいと思っています。「区別をなくす」というのは男女を二分化した上で成り立つ理論です。
 去年、制服は性を二分化する事である点には触れられませんでした。制服を着た上でも「個」は保てるという意見もありますが、着崩すにしても男女の制服を混ぜ合わせる崩し方はあり得ませんから、やはりまず男女を意識した上で接する事になります。本当にジェンダーインディペンデントで「個」を活かそうとしたとき、制服は大きな壁になると考えています。


 まー結局は私はせっかく今「性別なんてどーでも良いでしょ。」って思って落ち着いてるのに、そんなところでジェンダーディペンデントな制度が導入されなくて良かったですよ。


#金八みて思い立っただけですごめんなさい。
※インディペンデント : 無所属 ジェンダーインディペンデントは統計で性別を無視した資料などを指します。要するに、アンケートとの皮肉だったり。


Michitomo - 2005年08月11日 15時39分 | コメント2匹 | トラックバック0羽 | TB・Web・感想
この記事は | | | |
この記事へのコメント
この記事に「共感した」
ワンクリック感想をくれた読者さん - 2007年07月06日 20時22分
この記事は「面白かった」
感想さん - 2013年06月10日 22時08分
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。