2006年09月11日

高野山

SA410002.jpg

 和歌山の紀伊山地にある高野山に連れてってもらいました。今はオフシーズンで人は少なく、おみやげの店も開いていません。
 入り口すぐにはロケットの形をしたお墓もあって、宣伝用地化してるのが面白かったですが、中はわりと普通な感じでした。
 この写真では分かりませんが、曇りだったおかげで山に霧がかかっていたのは良かったと思ってます。

Michitomo - 2006年09月11日 22時15分 | コメント3匹 | トラックバック0羽 | その他・未分類
この記事は | | | |
この記事へのコメント
20年前も前ですが、白い蓮の華の地と言われるチベットを訪れた時、なぜか高野山を思い出し、無性に行ってみたくなったことがありました。高野山は不思議な場所です。人里から遠く離れ、ぐるりを高い山に囲まれた中に突然宗教都市が存在するのです。どこかチベットに通じるものがあるように思うのです。
 奥の院に向かう参堂の鬱蒼とした杉並木の下には戦国武将のたちの墓石が敵味方入り混じって並んでいます。まるで歴史の教科書を見るようですが、これだけ集まる理由は何なのでしょう。やはり不思議な場所なのです。
titさん - 2006年09月13日 18時06分
高野山で売つてゐるお経は昔の版木や活字が一杯みれて楽しいさうです。
kzhrさん - 2006年09月21日 1時12分
うーん、おみやげ屋さんにはウチにあるようなふつうのお経しか売ってなかったです。
Michitomo - 2006年09月22日 1時52分
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。