2006年06月19日

フィンランドの裁判を傍聴

 地元の裁判で刑事事件を傍聴してきました。日本で傍聴したことがあるのは民事裁判ばっかりなんで、あんまりうまく比べられませんが・・・。
 とあるフィンランドの刑事裁判・第一審(地方裁判所)についての話です。

 まず登場人物 (参考:日本の刑事裁判

○○○ ◎ ●
    □   ×
△△▲  ▽▼
  • ○裁判員
  • ◎裁判官
  • ●書記(PC使用)
  • 検察官
  • ▼被害者の弁護人
  • ▽被害者
  • ▲被告人の弁護人
  • △被告人(今回2人)
  • □証人席(空)

 まず裁判員が目に付くことと思いますが、それ以上に「被害者が登場している」ことが違います。これ、1度の裁判で刑の確定と同時に、慰謝料額も決まるんだそうです。(今回のケースでは被害者が「慰謝料を請求したくない」と言ったので、慰謝料はなしでした)この裁判所はすごくシャレた内装なんですが傍聴席なんてなくて、壁際にイスが数個おいてあるだけでした。法廷の入り口に紙が張ってあって、傍聴できない裁判はドアの上にある「入場禁止」ランプが点灯するようです。なにやらロシア人がわんさかいた隣の法廷は「入場禁止」でした。
 裁判の流れはフィンランド語なんでちゃんと理解できないんですが・・・。まず「人定質問」は「アナタは〜に住んでいる〜ですね?」と裁判官から質問をして、聞かれたほうは「はい」と答えるだけ。被害者と被告人(の代理人:弁護人)がメインな感じで、わりと検察官は控えめです。どういう順番だったか忘れましたが、誰かが発言し終わるたびに、それぞれに質問の機会が与えられるようです。全体的に日常会話以上に棒読みで、どこが重要なのかわからず、耳を傾けるのが難しい・・・

 この裁判の判決は執行猶予3か月、弁護士費用は2人分とも国が負担 という判決だったそうです。執行猶予(ehdollinen tuomio)なんて単語知るはずもないので、この辺は一緒に傍聴してたホストファザーに教えてもらいました。

 そんなわけで実はよく分かりませんが、とりあえず裁判の流れ自体はけっこう違います。雰囲気は似た感じですがねぇ。


 ところで日本と比べると法律が日常から遠い存在にある感じがします。色々なところにある約款も読みやすい感じ。そんなわけでバリバリの法律に触れる機会がないんですが、実は約款の構文が日本と似ていて驚きました。
 英語圏の約款をちゃんと読んでみたことがある人なら分かると思うのですが、大抵のケースで代名詞の「you」が多用されます。(ちなみにこのyou単複どっちだかハッキリしないことがあります。欠陥仕様。)で、フィンランド語の日常会話ではyouにあたるsinäが多用される(裁判中では改まった形のte(sinäの複数形だからコレも単複不明の欠(ry))が使われているのも興味深い)のにもかかわらず、約款なんかでは代名詞があまり用いられず、日本と同じように(まあ日本では一部冒頭部で代名詞を定義する場合がありますが)わざわざ名詞を使っています。

ちょっとした例として、GPLを並べてみます。「ファイルに編集を加えた場合にしなければいけないこと」リストの1番目です。

GNU GENERAL PUBLIC LICENSE a) You must cause the modified files to carry prominent notices stating that you changed the files and the date of any change.
GNU 一般公衆利用許諾契約書 a) あなたがそれらのファイルを変更したということと変更した日時が良く 分かるよう、改変されたファイルに告示しなければならない。
GNU yleinen lisenssi a) Muuteltujen tiedostojen on sisällettävä selkeä merkintä, josta ilmenee, kuka tiedostoja on muuttanut ja päiväys, jolloin muutokset on tehty.
フィンランド語訳の日本語訳(語順入れ替え以外直訳) 編集されたファイルに編集者と日時が明記される必要がある。
まあそんな感じで、流通している「日本語訳」は実は日本語の契約書っぽくないんですがね。日本語っぽく翻訳(というか再作文)するなら
ファイルの編集者は、その名と日時を該当するファイルに明記しなければならない。
で、なんとなくでもフィンランド語と日本語が近いのがわかってもらえないですかねww
 自分でも「だからなんだ」とか思ってるわけだけど、他の国の法律知ってる人 詳細キボンヌ
(国際法学科に行ってる同級生にメールすればいいのか)



Michitomo - 2006年06月19日 8時20分 | コメント1匹 | トラックバック0羽 | フィンランド(北欧)の夏
この記事は | | | |
この記事へのコメント
そういえばこの裁判の判決はその日のうちに出ました。
日本だと即日判決が出るのは民事の小額訴訟だけでしたかね。
逆転裁判だと即日無罪判決のようだけどw
Michitomo - 2006年06月20日 2時08分
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。