2006年03月30日

ムーミンなF-Secure日本語版

フィンランド語版F-Secure

 F-Secureのプレスリリースより、ムーミンたっぷりのGUIで日本向けに「F-Secureインターネットセキュリティ」を発売するそうです。F-Secureインターネットセキュリティ自体はそこそこよくできていて、会社もアンチウイルス系の中ではマトモなような

 ところで、プレスリリースの「GUIにはフィンランドのキャラクターであるムーミンを採用し、たいくつなセキュリティ製品を心和むものとしています。」には「No matter how cool your interface is, less of it would be better(Alan Cooper著About Face 2.0)」という言葉が当てはまる気がします。
 ソースネクストのウィルスセキュリティーはその点よくできていて。何かあってもちょこっと出てくるだけ。F-Secureはウィルスがあれば派手なポップアップが出てくるし、ソフトをインストールするたびに警告してくるしで、インタフェースがうるさすぎるような気がします。

 そもそもF-Secureは売る気があるんでしょうか?パッケージ9660円のアンチウィルスを買う日本人いないでしょうし、5775円のダウンロード版を入れようと思う人はムーミンに興味を持たないでしょう。上に書いたソースネクストのパッケージを1980円で買ってくる方がよほど現実的です。
 今のところ公開されている画像はプレスリリースに載っているBMP1枚だけのようですが、日本語化にも疑問があります。(日本語版以外のF-Secure)分かりやすいところでは「前回更新日時」のところが「明日、0:00」となっているので「次回更新予定日時」の変数を入れてしまったようです。他にも「ウィルス防御」「スパイウェア防御」という言葉は謎です。Microsoft語で言い換えれば「ウィルス対策」ですので、こちらのほうがよほど分かりやすいでしょう。「インターネット防御」という言葉は、検索するとF-Secureのページばかり出てくるのですが、私には全く意味が分かりません。

 確かにF-Secureの会社と製品の評判は良くても、こんなものを買うのは一部のセキュリティーオタクだけなんじゃないかなぁ、と思ったわけです。ソースネクストのウィルスセキュリティーの方がほっぽどお手軽。無料で有名な2本はなぜか両方チェコ産でAVGAvast!

 検索から記事に書いていない内容を求めてたどり着いてしまう人が多かったので評判に変更。

Michitomo - 2006年03月30日 6時15分 | コメント1匹 | トラックバック1羽 | フィンランド(北欧)の春
この記事は | | | |
この記事へのコメント
この記事は「期待はずれ」
ワンクリック感想をくれた読者さん - 2007年07月14日 17時36分
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック

F-Secure社ワクチンソフトに不具合 一部モジュールが消失
Excerpt: 新進ソフトベンダー・F-Secure社のワクチンソフト(コンピュータウイルス感染を防ぐソフト)に不具合があることが、2日わかった。使用しているうちに内蔵モジュールの一部が消失するという問題で、同社は「..
Weblog: bogusnews
Tracked: 2006-04-07 04:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。