2009年07月05日

ブラウザ高速起動OS構想

 学校の出席をブラウザ経由で行うことがあるんですが、Vistaだと起動に時間がかかりすぎるので、ブラウザまでを高速起動させるLinux環境構想です。

 この話をしたところサークルでinitrdなしにすることで30秒で起動する環境作ってくれた人がいたので、こちらは逆にinitrdだけだとどうなるかという実験版を作ってみました。

 カーネル・initrdの読み込みに10秒。initrdの解凍に6秒。カーネル、X、ブラウザ起動実際に計3秒くらい。20秒でブラウザが起動はしますが、DHCPクライアントの起動からブラウザ起動まで2秒しかなくIPアドレスをもらうまでの待ち時間があるため、実際に使えるようになるまではやはり30秒かかってしまいます。

 さすがにinitrdだけではこれ以上短縮できなそう。initrd以降にファイルを読み込む必要があると無駄な待ち時間が増えるし、なかなか難しいですねー。

 Operaを組みこんでしまったので公開は難しそうです。Operaを使うメリットはStatic版が手に入りやすく容量を削れることや、MDIなのでWindow Managerなしでもそこそこ使える点。その他はDebianベースなのでソースの公開整備も難しくなさそうなので、時間があれば公開できるようにvrmsに怒られないような環境を作りたいところ。



タグ:Linux
Michitomo - 2009年07月05日 23時27分 | コメント0匹 | トラックバック0羽 | コンピュータ
この記事は | | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。