2005年12月08日

セキュリティー

目標体重:50.0kg
目標までの残り:+0.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:49.5kg
BMI:18.4
食事
朝食
パン コーヒー
昼食
パスタのグラタン トマト パン 牛乳
夕食
混ぜご飯(フィンランド風) サラダ パン 牛乳
 SlashdotにSMBCの「簡単!やさしいセキュリティ教室」という記事が載っていました。

 その中に高校で情報科を教えている人が書いたらしきACコメントがあって、
期末試験で、学校のパソコンで個々に使用しているパスワードを書かせる問題を出しました。

 などと書いてあります。
 これが本当ならこの世に摩擦がなければどうなるか答えよという小柴昌俊氏の問題以上に狂った問題でしょう。小柴氏は中学1年か2年に教えていたようですが、高校生なら内申書なども気にしているわけで、教員が興味で作った問題にしては酷すぎます。

 某高校では初めに紙を渡し「登録したら用紙は破棄するので私にもパスワードは分からなくなる」と明言してから生徒にパスワードを書かせたことがあったそうです。ところがパスワードはExcelファイルに保存されていたことが分かりました。なぜ分かったかというと、そのExcelファイルを表示した画面を生徒の画面にも送ってしまったからです。最悪なことに何十人かの生徒のIDとパスワードが丸見えになってしまったわけですが、その後パスワードを変えたという話は聞いていません。
 そもそも言っていたことと違うし、300人のユーザIDとパスワードをExcelファイルに保存しようという考えが信じられません。

 ついでに高木浩光氏の日記より、警察庁にメールが届く前にパスワードをクラックするというダークなゲームがあるそうで。
 いつも思うんだけど、こういうページ作ってる人たちって漢字にかなをつければ子供向けのページになるとでも思ってるんでしょうかね。
 ちなみに私の文は難しい漢字と慣用句・熟語をあまり使わないことにしてるんですが、子供でも読みやすくするためだけではないです。

 フィンランドの銀行のパスワードは「使い捨てパスワード」で、送られてきたパスワードリストを順番に使っていくログイン方法です。同じパスワードは二度と使えなくて、底をつきそうになると新しいパスワード表が届くとのこと。これ、日本の銀行はなんでやらないんだろう。
 学校のパスワードがあと9日で期限が切れるらしいけど、公共のコンピュータから何度もパスワードを変えるのもリスクがありそうな気がする。。この学校は紙に書かせるようなことはなくて、初回ログイン時にパスワードを打ち込む形でした。


Michitomo - 2005年12月08日 7時43分 | 普通普通 | コメント0匹 | トラックバック0羽 | コンピュータ
この記事は | | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。