2008年06月28日

Finale Notepadで転調

Finale Notepadで転調・表紙変更している図

Finaleの無料版Finale Notepadを使って「曲の途中で調号・拍子記号の変更」する方法がないか聞かれたので実験してみたところ、簡単にできたのでノウハウとして公開しておきます。

 Finaleの比較表にあるとおり、本来Finale Notepadでは機能制限があり、転調や変拍子の楽譜を作れません。しかし、Finale Notepad 2008からはMIDIとの連携が強くなりMIDI音源の使用やSMFの読み書きができるようになりました。そのSMFの読み込みを利用することで拍子や調を曲中で変えることができます。

 ちなみに既存の曲を転調したり拍子変更したりする作業は恐らくうまくいかないので、記譜作業に入る前に調や拍子を確定しておく必要があります。

用意するソフトは
 Finale Notepad 2008
 Domino
の2つです。

以下作業工程

i)Domino
1.起動
2.編集→調号
3.編集→拍子
4.ファイル→SMF書き出し
ファイル読み込み画面
ii)Finale
1.ファイル→開く
2.ファイルの種類:スタンダードMIDIファイル
3.Dominoで作ったファイルを開く

これでできてるはず。

 いちおう書きかけのMUSファイルを基に転調・拍子の変更せざるを得ない場合にも理屈上はこの方法が使えますが、記譜上のニュアンスがなくなり、小節がズレるのでオススメはしません。

i)Finale
1.目的のファイルを開く
2.ファイル→別名で保存
3.ファイルの種類:スタンダードMIDIファイル

ii)Domino
1.Finaleで作ったmidiファイルを開く
3.小節番号を確認する(右下+-で縮小可)
4.編集→調号
5.ファイル→SMF書き出し

iii)Finale
1.ファイル→開く
2.ファイルの種類:スタンダードMIDIファイル
3.Dominoで作ったファイルを開く

 個人的には曲の打ち込みならFinaleよりDominoなど、楽譜作成ならRosegardenがお勧めではあります。両方とも無料・フリーですし、日本語対応ですし。

追記:
 satommyさんから、この記事をベースにFinaleでギター譜を作ろうという記事を書いてくださったのコメントをいただきました。ありがとうございます。

Michitomo - 2008年06月28日 0時00分 | コメント14匹 | トラックバック0羽 |
この記事は | | | |
この記事へのコメント
この記事は「役に立った」
感想さん - 2008年10月04日 14時52分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2009年01月18日 0時12分
大変助かりました。素晴らしいノウハウをありがとうございます。
このノウハウに関連した記事を書いたのでそこからリンクさせて頂いているのですがよろしいでしょうか? こちらです
http://oneguitar.spaces.live.com/blog/cns!5C3C4FE426855CE4!276.entry
satommyさん - 2009年01月18日 18時38分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2009年03月07日 17時53分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2009年09月24日 14時51分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2009年09月26日 20時53分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2009年10月09日 23時32分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2009年11月08日 13時24分
ありがとうございます!
これでいちいち#とか♭使わなくてすみます><
名無しさん - 2009年11月14日 20時52分
おかげでうまく活用できました。ありがとうございます。
sixxさん - 2010年03月19日 12時47分
Hey, youツ池e the goto expert. Thanks for hangnig out here.
PtXZIHkIYGwさん - 2011年05月26日 0時21分
この記事は「役に立った」
感想さん - 2011年08月25日 19時47分
この記事は「興味を持てた」
感想さん - 2015年01月27日 23時02分
この記事に「内容が古い」
感想さん - 2016年09月25日 22時53分
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。