2004年11月10日

柳川下り 北原白秋生家

image/michitomo-2004-11-10T16:04:18-1.jpg柳川の川下りをしました。歌う船頭さん、説明する船頭さんなど色々いましたが、私のところは静かだったかな。

鰻のせいろ蒸しはしょっぱかった。(船の上ではなくて降りてから街で食べました。)
鰻の供養碑というのがありました。なんというか、供養してもまだ食べるんですか…


北原白秋の生家は展示物がクローズで、さわらず表紙を眺めることしか出来ないのがちょっと不満。


Michitomo - 2004年11月10日 16時04分 | 東京 🌁 | コメント2匹 | トラックバック0羽 | 高校生の日記
この記事は | | | |
この記事へのコメント
歌う船頭さん…。いいな、乗ってみたいw
君には静かなくらいが丁度よかったかな?(笑)
えー、でも供養しても食べたいじゃないか。鰻は!怨まれると怖いから供養はするけどw
北原白秋ってそっちの生まれだったのかー(へぇ)
機会があったら長崎も行ってみたいなぁ(しみじみ)
akitsuさん - 2004年11月10日 23時13分
静かに低い声で歌ってくれてました。私は、もうちょっとしゃべってくれても良かったです。。

川下りは10人くらい乗れる船なので、一人だと寂しいですね。他の資料館巡りだったら一人でも寂しくないから、その点正解な選択だったと思ってます。
Michitomo - 2004年11月13日 12時41分
コメントを書く
お名前:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。