2007年07月19日

「Love Comugic」プレゼントに応募してみる

 追記(2007/08/30):届きました

 このBlogをホストしてもらっている無料ブログサービスSeesaaが運営するBlogサイトでSeesaaプレゼントというのがあります。昔はiPodプレゼントなんかがあるとものすごい倍率になっていたものでした。

 Seesaaユーザの管理画面に「Seesaaからのお知らせ」というのがあって、そこに「試写会ご招待」が出ているのを見て「そういえばSeesaaってそういうこともやってたな。」と思い出し、久しぶりにSeesaaプレゼントを開いてみるととんでもない閑古鳥状態。しかも数少ない応募者の大多数はアフィブログじゃないですか・・・。応募中の締め切りがめちゃくちゃ近いのに応募者数が当選予定人数を下回っているのがあったので「Love Comugic」と「Love Community.グッズ」プレゼントの企画に応募してみることにしました。

 らぶポキャを聞いた感想が書いてあるブログ優先ということなのでちょっと聞いてみる。
 ポッドキャスティングって大体はラジオ番組みたいな感じなんですかね。しかしこの構成だとポッドキャスティングでiPodに放り込んで電車の中で聞いていても、番組が始まってもわざわざ液晶を見ないとドコの番組を聴いているか分からなくなってしまうような気がします。番組の先頭部分で必ず「らぶポキャ」のコールを入れるとか、せっかくバンドなら毎回決まった短い楽曲を流したらどうかなー。と、(もっとも最近数記事については入っているようなので、すでに変更になっているのかもしれませんが・・・)ポッドキャスティングを試したことがないどころかiPodすら持ってない私が言ってみるテスト。
 こうやって定期的に更新されていると毎週楽しみにしている方々もきっといるはずですよね。新しいメディアですし、リスナーを裏切らないためにもということで定期更新を続けて欲しいものです。

 普段からラジオは音楽が流れている間は面白いと思うものの「お便り」だとか誰かの対話だとかは面白いと思わないなので、私はポッドキャスティングにハマるタイプの人ではないようです。。例外的に音楽が流れないラジオ局でも放送大学の講義は大好きなわけですけど。
 ポッドキャスティングってたぶん電車の中で聞いたりするんですよね。私はいくらうるさい場所で音楽を聴くことがあっても静かな部屋と同音量で聞くことにしているので、たいていの音は雑音にかき消されてしまっています。音楽の場合は数秒間一定の周波数域が雑音で欠落したとしても、他の周波数やそれまでの進行から総合的に頭の中で勝手に補完して勝手に音楽的なメッセージまで再現できます(歌詞なんてほとんど聞こえてないですけど)。しかし音声は欠落してしまうと、復元できるのは概要であって伝えたかったことのごくごく一部でしかなくなってしまうように感じます。それで正確に意図をつかむために巻き戻して聞きたくなってしまうので、私にとっては気軽なメディアではなくなってしまうのです。

 まあ数分しかない電車通学の時間なんですが、最近はZaurusで録画したテレビ番組を見ることにしてます。地デジになって字幕が簡単に表示できるようになったおかげで雑音だらけの環境でも全く問題なく再生できるので、音声より音楽より動画のほうがいいわけです。
 ハヤテのごとく!を見てたりするときは液晶覗き込まれたら絶対痛い人だよなーと思って、壁際に立って鑑賞してたりするわけですが・・・。実際席に座れる確率がそれほど高くないと電車の中でできることなんて限られてくるわけで、楽しみがあるととても良い。
 雑音対策にノイズキャンセリングなヘッドホンを使って視聴していると普通のヘッドホンより明らかに作品にのめり込める度が高いような気がしてます。

 といろいろ書いてぎりぎりで投稿・・・と思ったら、アレ?締め切りが延長されている・・・?7月12日時点では締め切りが7月20日になっているのに、現時点では7月30日に差し替えられているようですよ・・・。
 プレゼントを渡す側もアフィブログにプレゼントをあげたくないのかもしれませんが、いくら相手がその景品を欲しがっていないことが明白であっても、公示と違う条件で抽選が行われるなら、ある意味ではこの企画の応募者に対しての不履行なのではないでしょうか?>企画側の人々
 ネット懸賞全体の信頼性を下げないためにも、黙ってコッソリ期限を延長するようなことは避けて欲しいものです。

Michitomo - 2007年07月19日 23時59分 | コメント2匹 | トラックバック0羽 | TB・Web・感想

2007年07月02日

「みんなのうた」人気No.1は?

アンケート結果の円グラフ 「みんなのうた」好きな歌教えてというアンケートがありました。1位が「コンピューターおばあちゃん」(着メロ試聴)で2位は僅差の「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」。

 その他上位もたしかに知っていて、人が多そうな曲が並び、見て納得のいく順位になっています。しかし一曲一曲考えてみると特に上位の曲に共通する曲風があるわけでもなく、どういう要因で差が付いているのかが不思議でした。(「みんなのうた」には童謡とはちょっと違った「みんなのうた」独特の曲風があるような感じはします。)

 ちなみに私は少し前、一緒に放送されていた「ぼくはくま(宇多田ヒカル)」と「朝(YOUと美津留)」のふたつが曲・アニメーション共に気に入っていたんですが、「朝」の方は昨年末FMで放送された「みんなのうた三昧」で放送されなかったようで、今回の項目外だったみたいです。。

Michitomo - 2007年07月02日 23時28分 | コメント3匹 | トラックバック0羽 | コッソリアンケート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。