2005年09月30日

フィンランド語は音程が低め?

 実はヘルシンキの空港に着いて一番最初に気づいたのがこれです。ほかの国の言葉と比べて、特に女声でかなり低めに聞こえます。


 ふつう意識せずにしゃべった時、一番出しやすいスポットで発声して、それから語調を変えていきます。ところがフィンランド語の場合は最初のほうの音節が最高音になるので、会話中の最高・平均・最低音がすべて低めになってしまうからのようです。


 今までずっと人の声を聞いて「何で別の言語で喋ると音程・発声が変わるんだろう」と思っていたんですが、9月頭にAFSのキャンプで中国人に母国語をしゃべってもらって、それが自然なんだと気づきました。(短くまとまらないので省略。。)


一応、女声で会話中の平均的な音程をまとめると、
フィンランド語<英語<日本語<中国語
という感じになると思います。



 日本語は日常会話で、語調がかなり重要な要素になっているところが大好きです。たとえば、ドイツ人に「Do you speak English?」を日本語で言うとどうなるのかと聞かれたので、「英語しゃべれる?」と教えておきましたが、「英語しゃべれる。」だと意味が違ってきます。


 私はどうやら言葉を完全に音で覚えているようで、言葉が印象に残ると、その人の言葉の語調・アクセントだけでなく、極端に言えば車のエンジン音など、周りの雑音の音程変化を一緒に記憶しているようです(絶対音感がないので、相対音ですが)。


 んん。収拾がつかないので独り言だったということで。。
Michitomo - 2005年09月30日 5時42分 | コメント4匹 | トラックバック0羽 |

2005年09月28日

ひさしぶりの投稿は

 WILLCOMの新機種です。個人的にはFlash > JAVAのような気がするので、やっぱりWX310Kがよさげ。memn0ckさんによると、「今回のシリーズがautumn/winter modelなので次は(ry」とのことで、帰るまでにもっとすごいのが出てるといいんだけど。



 ところでかな漢、310KだけがAdvanced Wnn Ver 2.0になってて他のは従来バージョンなのはなんでなんでしょう?開発開始時期の問題とかがあるんでしょうかね。
 フィンランドのケータイはT9が主流なようで、英語に比べてスペースとスペースの間が長い言葉なので、9個しかないキーにもかかわらず、1文字1ストロークでほとんどの文が入力できるのは日本語版T9で体感できない心地よさ。でも日本語には予測変換の方が向いているような気がします。


 日本語の予測変換の場合、書き出しだけでそれまでに書いた文や受信メールから分析して続きを候補に出してくれるわけで、全部を自分で作文しているとはいえない状態になってきています。ギャル文字を使う理由が「入力に時間がかかるから感情が伝わる」といっていた人がいたことを考えると、わざと予測変換のきかない文を打つ研究の成果でもあるようです。


 GSMのSMSは通信料が通話と同じ扱い。日本は数年前から1円程度で、今は0円も珍しくないことを考えると、予測変換はメール文の妥協点を作り上げた仕組みのように思います。
Michitomo - 2005年09月28日 6時34分 | コメント0匹 | トラックバック0羽 | TB・Web・感想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。